2017年11月29日

寝台車

最近、よく寝台車でお迎えに行かせていただきます。

初めてご遺族様に会う瞬間です。
大切な方を亡くされて、憔悴しているであろう
その時にお迎えに行くのは、とても緊張します。

でもご遺族様も殆どの方は、葬儀の経験もなく
どうしてよいのか困っている状況です。
きっと不安でいっぱいだと思います。

自分の緊張などさておき、少しでもご遺族様に
安心していただける様にお声をかけ
ご自宅やゲートハウスにお連れします。

ご安置が終わると、ご遺族様は少し安心した
お顔をされます。

これからも少しでも安心していただける様な
応対を心がけてお迎えに行かせていただきます。
  


Posted by アスタサービス at 23:00R.Y

2017年11月15日

マナー

最近、全く外出しようとしない母を何とか外に
連れ出そうと
「紅葉を見に行こう」
と誘いました。
行かないと断れれると思っていたら
「行きたい」
と。京都の清水寺に行くことにしました。

平日だと思って、油断していました。
お正月の初詣をテレビで見るような
すごい人・・・
近隣の駐車場はどこもいっぱいで
少し離れたところに駐車して
歩くことにしました。

歩いていると周りから聞こえてくるのは
殆どが○○語。日本人がいない・・・
普通にぶつかってくるは列は並ばないは
ビックリ!
大人から子供まで何とマナーの悪いこと
ごみはそこら辺に捨てる・・・

環境が違うとこれが当たり前?
改めて日本人のマナーの良さを
誇りに感じました。
  


Posted by アスタサービス at 23:55R.Y

2017年11月01日

癒し

式場でお客様にゆっくりすごしていただくために
どうしたら癒されるのかを考えています

癒しって人それぞれですよね
アロマや光で癒されたり
自分の好きな趣味の時間で癒されたり
マッサージやエステで癒されたり・・・

いろいろあると思うのですが
私は、大切な人の笑顔に癒されています
今、訳あって(笑)孫と一緒に暮らしているのですが
その一才になったばかりの孫の
笑顔をみると私まで笑顔になります

癒される空間って難しいですよね
でも最後の時間をゆっくりと過ごして
いただく為にも、他の式場にはない
ゲートハウスだけの癒しの空間を
追及していきたいと思います
  


Posted by アスタサービス at 23:50R.Y

2017年10月18日

気遣い

先日、仕事を一緒にしている人のお母様のご葬儀を
お手伝いしました。
同じ会社ではないのですが、私が新入社員のときから
いろいろ助けていただき、大先輩です。

今も時々、一緒にお仕事をします。

その方が喪主様だったのですが
私たちの仕事がわかるだけに
『昼ごはん食べたか?ちょっとでも
時間を作って、ちゃちゃと食べなあかんで』
と言って、隣のローソンでお弁当を買ってきてくれたり

お花屋さんが祭壇を飾っていたら、運ぶのを手伝ったり・・・
同じ仕事をしているだけに、段取りがわかるんですね

喪主様なのだから、お母様のそばにいててあげてよ~って
言っても何かと動いてくれます

性分なのでしょうね。
もしくは動いているほうが気が楽なのでしょうか・・・

それにしてもこんな時にでも周りに気を遣っている
先輩をみて、改めて尊敬しました  


Posted by アスタサービス at 21:00R.Y

2017年10月04日

葬儀の仕事

葬儀の仕事は尊い仕事だと思います。

よくお客様にも大変な仕事やね
とか若いのに頑張ってるねとか
言われます。(私は若くないですが)

でも安易な気持ちではできません
年中無休だし、24時間対応するし・・・

私は楽な仕事なんて一つもないと思っています

だからこそ、やりがいのある仕事を頑張りたいと思うのです

とは言いながら、若い時は、新しい服が欲しかったり、
旅行に行きたかったり、やりがいなんてやっぱり考えてなかったような

ただ責任感だけはありました
仕事はしんどい。当たり前です。

でも今、一緒に仕事をしているスタッフには
それ以上の何かを見つけてほしいです。
  


Posted by アスタサービス at 23:55R.Y

2017年09月20日

親愛なる母

母の様子が最近、少し変です・・・・
少し前から同じことを何度も言ったり
何十年も昔の話を昨日のことのように
話したり・・・
認めたくないですが、痴ほう症?

痴ほう症であってもなくても

これから痴ほう症になったとしても・・・

私が、今日あるのは母がいたから・・・
卒業文集に尊敬する人は両親と書きました

母のようなお母さんになりたい!
今もその気持ちは変わりません

こんな年になっても母は母・・・
恥ずかしいですが云わせてもらいます

母が大好きです!
母のようなお母さんになりたい!
私の尊敬する人は母です!!!  


Posted by アスタサービス at 23:03R.Y

2017年09月06日

空き家

先日、あしたの窓口で
「空き家で困っていませんか?」
と、書かれているパンフレットを見つけました!

困っています・・・私が・・・

実は、母が一人娘なのに父のところに嫁いできたため
母の実家が空き家になっているのです

小学生の時、夏休みや冬休みによく泊まりにいきました
新しい家電が大好きで、家に行く度に見たことも無い家電が
ありました。そんなたくさんの思い出がある大好きな家だったのに
祖父母が亡くなり、誰も住む人がいなくなった今は
庭の木も手入れがされていなく、雑草が生い茂り
家の中もどこか不気味にさえ感じます
新しい家であれば、どなたかに借りていただくことも
できるのでしょうが、古い家で手入れも行き届いていない今の
状態では、解体しかないのかと考えています

「解体するのに200万~300万ぐらいかかるんじゃない?」と
スタッフからの声が・・・
「200万~300万???」
私のあまりの驚き様に
「全然わからないけど、言ってみただけ。とにかく相談に行ってみれば?」

今度の休みに相談に行ってみようと思います。  


Posted by アスタサービス at 22:00R.Y

2017年08月23日

仏壇の掃除

今回、たまたま12日と16日がお休みだったので
墓参りに行き、お盆の準備と片付けをしました

仕事柄、お供え物の置き方や準備をお客様には説明するのに
実家の準備をするのは初めてです

母が、とても喜んでくれました
『あ~そうやって置くんやね』
などと言いながら、そばでじっと見ています

仏壇の掃除も初めてやりました
父が亡くなってからは、実家に行くと
必ず、仏壇に手を合わせるようには
していたのに、掃除は一度もしたことがありません

ぱっと見は汚れているように思いませんでしたが
埃や煤でぞうきんが真っ黒に・・・

綺麗になった仏壇を見て、父の写真が心なしか
少し笑っているように感じました

これからは、手を合わせるだけでなく
きちんと掃除もします
母の喜んでいる顔を見て
私の仕事だと改めて思いました  


Posted by アスタサービス at 23:00R.Y

2017年08月09日

2回目のお手伝い

昨年、お母様を急に亡くされ、お手伝いをさせていただいた息子様から
お電話をいただきました。(携帯電話に)
一周忌のお手伝いをさせていただいて以来です

『父の具合が悪くて・・・
お医者様から、あと2~3日もつかどうかと言われました』

とのこと。
私が知っているお父様は高齢でしたが、とてもお元気でした。

『もしもの時は、この電話にかけたらいいかな?
ゲートハウスさんにかけた方がいい?』

『いつでもこの電話にかけて下さって大丈夫です。』

それから、一週間後、お父様が亡くなったと私の携帯に
お電話をいただきました。
お迎えから、最後出棺までお手伝いをさせていただき
後飾りでのこと

『母の時は、急だったので何もわからないまま終わってしまったけど
今回は、もしもの時は○○さんに電話をしたらいいと思っていたので
だいぶん気が楽でした』

と言っていただきました。
それでも、たいへんな思いはたくさんしているはずです。
ご親戚の皆様や菩提寺への対応、またご近所づきあい、金銭面でも
ありますよね。
そんな中で少しでも軽減したのであれば、良かったです。

これからも何かあれば私に連絡をすれば・・・
と思っていただける様なお客様との関係を築いていきたいと思います

  


Posted by アスタサービス at 22:00R.Y

2017年07月26日

某コンビニで・・・

よく利用させていただくコンビニでの出来事!

お昼ご飯を買いに立ち寄りました
おにぎりを持ってレジに行くと
『○○○カードはお持ちですか?』
と。持っていませんと答えると
『今、キャンペーンなので作って下さい』
『時間がかかりますか』
『いえ、お名前、住所を書いてもらうだけです』

そう言われ申し込み用紙?か何かわかりませんが
名前、住所、生年月日、電話番号を記入しました

『300円になります』
あれ、おにぎり安いなと思いながら300円を払うと
○○○カードを渡されました
『450円になります』
『えっ、300円ってもしかしたカード代?』
『はい』
『お金がいるなんて一言も言ってないやん!!!』

今まで何度も利用していますが、特にポイントに
興味もなく、面倒くさいので作っていませんでした
今日も特に欲しかったわけでもないのに
キャンペーンで入会を募っているのなら
協力しようかな なんて思っただけで・・・・

300円と言う金額の問題ではありません
説明不足に無性に腹が立ちました

でもこれって・・
私たちの業界でも追加料金をたくさん払わされたとか
請求書に何かわからない費用が入っていたとか言う
話と一緒ですよね

店員さんにしたら、たかが300円?
もしくはカードを作るのにお金がいるのは当たり前?
どんな気持ちで先に金額の提示が無かったのかはわかりませんが
こんな気持ちにさせたらダメですよね

人のふり見て我がふり・・・ではないですが
私たちも、お客様にそういう思いをさせない様に
しっかり説明をさせていただき、
事前に見積書を必ず渡さないといけないと思いました  


Posted by アスタサービス at 22:00R.Y

2017年07月12日

初盆のご案内

6月中旬より今年、初盆を迎えるご家族様へご案内に
お伺いさせていただいています。

最近では、お葬式自体が家族葬と言うことで
お参りに来ていただくことを控えていただいたり
お知らせしない方が増えています。

ただ、やはりお亡くなりになったことを
知られた方は、お葬式が終わった後、
ご自宅にお悔やみに来られたと言う話も
よく聞きます。

お盆には亡くなった人が年に一度帰ってくるという
大切な行事です。
特に初盆は亡くなってから初めてのお盆です。
親しかったご友人やご近所の方も
お参りに来られることでしょう。

初盆って何をすればいいの?

そんな時のために私たちがいます。
皆様が困らない様に私たちがお邪魔します。
どんな些細なことでも聞いて下さい。

  


Posted by アスタサービス at 21:00R.Y

2017年06月28日

タクシー

先日、久しぶりにタクシーに乗りました。

仕事先で乗車したので、何というタクシー会社かは
覚えていないのですが、まず乗車してすぐに
運転手さんが振り返り
『私、○○と申します。安全運転で現地まで参ります
 よろしくお願いいたします。』
と、とても丁寧に挨拶をして下さいました。

タクシーには、必ず助手席の前にお名前と顔写真が
貼付してありますが、わざわざ自分の名前を
名乗られた方は初めてです。
とても感じがよく、また安心しました。

名前を名乗るということは、その仕事への責任の
表れだと思います。
私が責任をもって・・・と言う宣言に聞こえました。

私たちもお客様と向き合う仕事です。
しっかりと名前を名乗り、お客様に安心感を
与えられる様な応対を心掛けようと思います。
  


Posted by アスタサービス at 21:00R.Y

2017年06月14日

自宅での看取り

お手伝いをさせていただく中で、自宅で
お亡くなりになる方が増えてきました。

ご自宅で最期を迎えられることは
望ましいことかもしれません。

私も自分のことを思うと
最期は自分の家でと思います。

ただご家族様はとても大変だと思います
介護ベッド、ポータブルトイレ、吸引機等
ご自宅にお邪魔させていただくと
様々なものがあります。

でもそれを承知でご自宅で介護をされると
決意をされ家族で協力してやってこられたのでしょう。

きっと故人様もとても感謝をされ
ご自宅で安心して旅立たれたのだと思います。

心なしかご自宅でいらっしゃる故人様は
とても安らかに眠っているように感じました。。  


Posted by アスタサービス at 21:00R.Y

2017年02月01日

イギリスの詩

上司に素敵な詩を教えてもらいました。

子供が生まれたら犬を飼いなさい

子供が赤ん坊の時、
子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼少期の時、
子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、
子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の大切さを
教えるでしょう。

私の家も私が幼い時から犬を飼っています。

まさにこの言葉の通りだと思いました。
犬と言っても飼うと家族です。
特に室内犬だと一緒にいる時間が長く
別れはとてもつらいものです。

この詩、すごく共感できます。

  


Posted by アスタサービス at 23:28R.Y

2017年01月25日

マンション住まい

私はマンションに住んでいるのですが
最近、上の階の物音がすごく気になります。

夜中の掃除機、走り回るような音・・・

たまにではなく、毎日です。

管理人に言おうと何度も思いましたが
トラブルになるのも嫌なので
我慢しています。

最近、引っ越しをしてきた方なので
どんな方かもわかりませんが、
少し、非常識だなと思います。

集合住宅ではありがちな悩みですよね、

分譲なので引っ越しをするわけにもいかず
本当に困っています。  


Posted by アスタサービス at 23:55R.Y

2017年01月18日

あこがれ

先日、某施設の施設長とお話させていただきました。

その方はとても精力的に活動しており
ご自身のお仕事だけでも大変なのに
常に新しいことにチャレンジされています。
そしていつもご自身の施設で働くスタッフのことを思い
家族の様に大切にしています。

同じ女性としてとても感銘を受けました。
カッコいい!!
とてもキラキラしていました・・・

私もまだまだ自分にできることがあるはず!
そんな気持ちになりました。

私もそんな人になりたい!!

明日からまず
人に優しいキャンペーンを一人開催したいと
思います(笑)  


Posted by アスタサービス at 23:01R.Y

2017年01月11日

最後のお別れ

告別式が終わると出棺の準備をします。
祭壇のお花やお供えいただいた供花を切って
お棺に入れます。

また、故人様が好きだった食べ物を入れてあげたり
愛用していた服を入れてあげたり・・・

お棺の蓋を開け、家族様が何かしら
お声をかけながら、それらのものを入れます。

「煙草が好きだったけど病気で禁煙していたから・・・
もう吸ってもいいよ。」

「糖尿で大好きなおまんじゅうが食べられなくて・・・
いっぱい食べてね。」

家族様の愛情がとても伝わります。

最後のお別れがきちんとできるように
思い残すことのないように
これからもしっかりと
お手伝いをしていきたいと思います。  


Posted by アスタサービス at 23:00R.Y

2017年01月04日

初詣

今年は年始にお休みをいただいて
2年ぶりに初詣に行きました。

お正月は仕事なので、仕事が終わってから・・・
と言う元気はなく、行きそびれていました。

久々に行くととても新鮮な気持ちになり
無事にお正月を迎えたことのありがたさ
家族全員健康でいられることに
とても感謝しました。

そして厚かましく
「今年もみな元気で過ごせますように。」
とお賽銭を奮発し手を合わせてきました。

私の前にいた人たちが
すごく並んでいるにも関わらず
とても長い間、手を合わせていました。

何をお願いしていたのでしょう(笑)  


Posted by アスタサービス at 23:00R.Y

2016年12月28日

墓参り

今日は母と一緒に墓参りに行ってきました。

うちの墓は某霊園にあります。
母は一人っ子なので
父方の墓と母方の墓を
霊園に並べています。

まず墓を綺麗に拭き上げ
花を入れお線香に火をつけました。

両方の墓に手を合わせると
何だか心が落ち着きました。

墓参りにくると
生きているときには何一つ親孝行が
出来なかった父にはいつも
申し訳ない気持ちになります。

そしてそういう思いをしない様に
母とは時間がある限り
一緒に過ごそうと思っています。
  


Posted by アスタサービス at 23:55R.Y

2016年12月21日

家族葬

最近では、ご依頼をいただいて
打ち合わせを始めるときに
「家族葬でお願いします。」
と言う言葉を聞きます。

私どもは
「家族の絆を確かめ合えるような温かい家族葬」
を目指しています。

ただ家族葬と言っても
決して家族以外の方が来てはいけないと
言うことではありません。

故人様の仲の良かったお友達、
ご近所の方々・・・
最後のお別れです。

「家族以外の方もお参りに来てもらってもいいですか?」

もちろん来ていただいて下さい。
家族葬に決まりなんてありませんから・・・  


Posted by アスタサービス at 22:00R.Y