2017年06月14日

自宅での看取り

お手伝いをさせていただく中で、自宅で
お亡くなりになる方が増えてきました。

ご自宅で最期を迎えられることは
望ましいことかもしれません。

私も自分のことを思うと
最期は自分の家でと思います。

ただご家族様はとても大変だと思います
介護ベッド、ポータブルトイレ、吸引機等
ご自宅にお邪魔させていただくと
様々なものがあります。

でもそれを承知でご自宅で介護をされると
決意をされ家族で協力してやってこられたのでしょう。

きっと故人様もとても感謝をされ
ご自宅で安心して旅立たれたのだと思います。

心なしかご自宅でいらっしゃる故人様は
とても安らかに眠っているように感じました。。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 21:00R.Y

2017年02月01日

イギリスの詩

上司に素敵な詩を教えてもらいました。

子供が生まれたら犬を飼いなさい

子供が赤ん坊の時、
子供の良き守り手となるでしょう。

子供が幼少期の時、
子供の良き遊び相手となるでしょう。

子供が少年期の時、
子供の良き理解者となるでしょう。

そして子供が青年になった時、
自らの死をもって子供に命の大切さを
教えるでしょう。

私の家も私が幼い時から犬を飼っています。

まさにこの言葉の通りだと思いました。
犬と言っても飼うと家族です。
特に室内犬だと一緒にいる時間が長く
別れはとてもつらいものです。

この詩、すごく共感できます。

  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:28R.Y

2017年01月25日

マンション住まい

私はマンションに住んでいるのですが
最近、上の階の物音がすごく気になります。

夜中の掃除機、走り回るような音・・・

たまにではなく、毎日です。

管理人に言おうと何度も思いましたが
トラブルになるのも嫌なので
我慢しています。

最近、引っ越しをしてきた方なので
どんな方かもわかりませんが、
少し、非常識だなと思います。

集合住宅ではありがちな悩みですよね、

分譲なので引っ越しをするわけにもいかず
本当に困っています。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:55R.Y

2017年01月18日

あこがれ

先日、某施設の施設長とお話させていただきました。

その方はとても精力的に活動しており
ご自身のお仕事だけでも大変なのに
常に新しいことにチャレンジされています。
そしていつもご自身の施設で働くスタッフのことを思い
家族の様に大切にしています。

同じ女性としてとても感銘を受けました。
カッコいい!!
とてもキラキラしていました・・・

私もまだまだ自分にできることがあるはず!
そんな気持ちになりました。

私もそんな人になりたい!!

明日からまず
人に優しいキャンペーンを一人開催したいと
思います(笑)  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:01R.Y

2017年01月11日

最後のお別れ

告別式が終わると出棺の準備をします。
祭壇のお花やお供えいただいた供花を切って
お棺に入れます。

また、故人様が好きだった食べ物を入れてあげたり
愛用していた服を入れてあげたり・・・

お棺の蓋を開け、家族様が何かしら
お声をかけながら、それらのものを入れます。

「煙草が好きだったけど病気で禁煙していたから・・・
もう吸ってもいいよ。」

「糖尿で大好きなおまんじゅうが食べられなくて・・・
いっぱい食べてね。」

家族様の愛情がとても伝わります。

最後のお別れがきちんとできるように
思い残すことのないように
これからもしっかりと
お手伝いをしていきたいと思います。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:00R.Y

2017年01月04日

初詣

今年は年始にお休みをいただいて
2年ぶりに初詣に行きました。

お正月は仕事なので、仕事が終わってから・・・
と言う元気はなく、行きそびれていました。

久々に行くととても新鮮な気持ちになり
無事にお正月を迎えたことのありがたさ
家族全員健康でいられることに
とても感謝しました。

そして厚かましく
「今年もみな元気で過ごせますように。」
とお賽銭を奮発し手を合わせてきました。

私の前にいた人たちが
すごく並んでいるにも関わらず
とても長い間、手を合わせていました。

何をお願いしていたのでしょう(笑)  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:00R.Y

2016年12月28日

墓参り

今日は母と一緒に墓参りに行ってきました。

うちの墓は某霊園にあります。
母は一人っ子なので
父方の墓と母方の墓を
霊園に並べています。

まず墓を綺麗に拭き上げ
花を入れお線香に火をつけました。

両方の墓に手を合わせると
何だか心が落ち着きました。

墓参りにくると
生きているときには何一つ親孝行が
出来なかった父にはいつも
申し訳ない気持ちになります。

そしてそういう思いをしない様に
母とは時間がある限り
一緒に過ごそうと思っています。
  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:55R.Y

2016年12月21日

家族葬

最近では、ご依頼をいただいて
打ち合わせを始めるときに
「家族葬でお願いします。」
と言う言葉を聞きます。

私どもは
「家族の絆を確かめ合えるような温かい家族葬」
を目指しています。

ただ家族葬と言っても
決して家族以外の方が来てはいけないと
言うことではありません。

故人様の仲の良かったお友達、
ご近所の方々・・・
最後のお別れです。

「家族以外の方もお参りに来てもらってもいいですか?」

もちろん来ていただいて下さい。
家族葬に決まりなんてありませんから・・・  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 22:00R.Y

2016年12月14日

紹介キャンペーン

27日まで紹介キャンペーンを実施しています。

会員の方がお友達を連れてきて下さって
その方がご入会をいただいたら
会員様に5000円の商品券をプレゼントさせていただいています。


ご入会も通常10000円のところを
5000円です!!!

この機会にぜひお守りがわりに
ご入会をいただければ・・・・

ご来店を心よりお待ちしております。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:00R.Y

2016年12月07日

一人娘

先日、お手伝いをさせていただいた喪主様には
お子供が一人しかいません。
しかもお嬢様で他府県に嫁がれています。

何日間かは、市役所の手続き等で
和歌山にいらっしゃるそうですが
そのあとは、喪主様が一人になります。

旦那様を亡くされた日も
ずっと旦那様の横でお顔を撫でていらっしゃいました。

きっとお母様を残して帰れられるお嬢様も
とても心配なことでしょう。

子供が少なくなってきて、
一人っ子が当たり前のようになってきています。

これからはこんな状況の方が増えていくでしょう。

ご縁があってお手伝いをさせていただいた施主様には
施主様が負担にならない程度に
時間をみつけてお話相手になりたいと思います。


  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:00R.Y

2016年11月30日

葬儀が終わってからも・・・

葬儀が終わってからも施主様から
いろいろなお電話をいただきます。

亡くなったことを聞きつけお参りに来てくれた。
また、その方からお供えをいただいた。
お花をいただいた方にも(供花)お返しはいるの?

等々・・・

直接、携帯にお電話をいただいたり、
フリーダイヤルにお電話をくださっても私の
名前を言っていただいた方は、何かあれば
私にと思っていただいたことに嬉しく思いますが

担当者の名前はわかりますか?と尋ねて

「あ~覚えてないです」

とおっしゃった方が、私の担当した施主様だと
わかった時には、あまり信頼されていなかったのかな
と落ち込みます・・・

ご縁があってお手伝いをさせていただいた施主様には
名前を覚えていただけるような存在になりたいと思う
今日この頃です。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:54R.Y

2016年11月23日

風邪・・・

先日からくしゃみが止まらず、朝起きれば・・・
喉が痛い。。。

社会人になってから体調管理も社会人としての基本と
言っているのに、なぜか時々風邪をひいてしまいます・・・

原因は何なのでしょう・・・

でも風邪とは絶対認めたくない!!!

市販の風邪薬を飲み、風邪ではないと言い聞かせ
気合で乗り切ります。

これからインフルエンザが流行る季節です。

ウィルスはきっとどこからかやってくるのでしょう。

予防接種も最近は当たり前ですよね。

皆様も体調には十分気をつけて
風邪をひかないようにしてくださいね。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:20R.Y

2016年11月16日

元気を下さるお客様

私たちの仕事はお客様の悲しみの中からの
お手伝いです。

なのに気がつけば私のほうが元気をもらっています。

〇〇さんで良かった
これから、わからないことは〇〇さんに聞けばいいの?
〇〇さんの携帯番号を教えて~

こんなお言葉をいただく度たyに
この仕事をして良かったと思います。

名前を呼ばれるたびに元気が出ます。
こんな私でも頼ってくださいます。

この仕事をしていて良かったと思わせてくださいます。
ありがとうございます。
そんな皆様に支えられて今日があります。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:28R.Y

2016年11月09日

お客様の求めること・・・

大切な方を亡くされた方が私達の施主様です。

施主様は殆どの方が葬儀に知識もなく
限られた時間の中でいろいろなことを決めなくてはなりません。

そんな中で私たちは、故人様や施主様のご意向をお伺いし
後悔のないご葬儀を提案させていただきます。

短い時間の中でたくさんのことを決めなければいけない施主様は
とても負担なことだと思います。

どんな些細なことでもかまいません。
知らないことは、決して恥ずかしいことではないのです。

なんでも私たちに話してください。

施主様に寄り添い、施主様の後悔のないように
お手伝いをしたいと、スタッフ一同施主様の声に
耳を傾けていますから。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:59R.Y

2016年11月02日

叔母様

先日、お手伝いをさせていただいた施主様が
送られた方は、叔母様でした。

お父様の妹様です。

お父様はもう何年も前に他界され
その後、ずっと叔母様のお世話をされていたそうです。

お子様のいなかった叔母様にはとても
可愛がってもらったとおっしゃっていいました。

出棺のお別れの際には
「おばちゃんありがとう」
と頬をなぜておられました。

叔母さまをお母様のように送られた喪主様。

お二人で過ごされた時間を垣間見た時間でした  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:50R.Y

2016年10月26日

喪中はがき

喪中はがきを書く時期になりました。
今年、お手伝いをさせていただいた施主様に
順次、ご案内をさせていただいています。

久しぶりにお会いできるのを楽しみにしています。

一枚からでも承ります。

当社でお式をしていなくても
大歓迎ですので、
お気軽のお申し付けください。
  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:28R.Y

2016年10月19日

霊柩車

先日、お手伝いをさせていただいたお式は、
1年前にお手伝いをさせていただいた喪主様が
故人様でした。

その時は、今回の故人様が喪主様として霊柩車に
一緒に乗って行かれ、運転をしていたのが私でした。
初めのご依頼からご出棺までを全て担当させて
いただき、私のことを覚えていてくれ

「自分が亡くなったら、ゲートハウスの〇〇さんに
霊柩車に乗ってもらって送ってほしい。」

と何度も奥様に話されていたとのこと。

奥様から是非とお声をかけていただき
故人様、奥様と一緒に最後のドライブをしました。
奥様は、車の中で何度も

「〇〇さんやで。〇〇さんが連れて行ってくれるんやで。
よかったね。望み通りになって・・・」

と仰ってくれました。
故人様のことはよく覚えています。
耳があまり聞き取れないとのことで
打ち合わせは全て奥様とさせていただき、
これと言った会話をしたと言う記憶はないのですがl、
私のことを覚えていてくれたこと。
また最後の旅立ちに私を選んでくれたことは
何よりも嬉しかったです。

本当にありがとうございました。
  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:00R.Y

2016年10月12日

事前相談

時々、チラシを見て・・とか、タウンページを見て・・・と言う
お電話をいただきます。

いろいろご説明をさせていただきますが、
時間があれば、式場見学をおすすめしています。

なかなか、式場に足を運ぶのは抵抗があるかもしれませんが
気軽に来ていただきたいです。

来ていただけたら、きっと気にいって下さると思います。
来ていただいて直接、スタッフに何なりと質問して下さい。
特にご心配なことがなくても、構いません。

住宅展示場とかあると、中をのぞいて見たくなりますよね。
そんな気軽な気持ちで来てください。

暖かい飲み物を用意して待っています。

  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:59R.Y

2016年10月05日

私があなたをえらびました・・・

先日、出会った絵本です。

ある産婦人科の先生が書かれたそうです。

読んでいる途中で泣けてきました。
お母さんのおなかにいる赤ちゃんが主人公です。

読んでいる中で自分が出産した日のこと・・・
両親のこと・・・

自分の周りにいる大切な人たちが
思い浮かびました。

そして自分のことももう少し大切にしてあげようと
思いました・・・

皆さんも時間があれば読んでみて下さい。
きっと何か感じるものがあると思います。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:59R.Y

2016年09月28日

運動会

先日、運動会に行って来ました。

あいにく天気が悪く、途中から雨がポツポツ降り始めましたが、
何とか最後までできました。

一生懸命走る徒競走や必死で練習したであろうダンス等を見て
大きくなったなと改めて思いました。
(子供ではなく孫です・・・笑)

思い返せば、運動会と言えばお弁当作りが大変でした。
今は、息子のお嫁さんが作ってくれるので
美味しいお弁当を食べれます。

孫が大きくなったと思う傍ら、息子もしっかり
お父さんをしているのを見て微笑ましく思いました。

今月は次男にも第二子が生まれて、また家族が増えました。

長男も次男も私にとっては、まだまだ子供ですが
二人ともしっかりお父さんをしています。

私の時も両親がこうやって見守ってくれていたんだなと改めて思いました。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:00R.Y