2016年12月08日

故人様らしさ

先日お送りさせて頂いた
故人様は百姓一筋。

何末年始には決まって親戚みんなに
料理を振る舞ったり、
皆様の中心になる方だったそうです。

遺影写真に使用させて頂いた写真も
首にはタオル 手元では魚を捌いていましたが

一切加工なしで遺影を作成させて頂きました。

ご弔問に来られた方にも大好評で
お写真1つ見て頂いただけでも、
故人様が皆様に愛されていたんだなと感じました。
  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 22:00K.T

2016年12月07日

一人娘

先日、お手伝いをさせていただいた喪主様には
お子供が一人しかいません。
しかもお嬢様で他府県に嫁がれています。

何日間かは、市役所の手続き等で
和歌山にいらっしゃるそうですが
そのあとは、喪主様が一人になります。

旦那様を亡くされた日も
ずっと旦那様の横でお顔を撫でていらっしゃいました。

きっとお母様を残して帰れられるお嬢様も
とても心配なことでしょう。

子供が少なくなってきて、
一人っ子が当たり前のようになってきています。

これからはこんな状況の方が増えていくでしょう。

ご縁があってお手伝いをさせていただいた施主様には
施主様が負担にならない程度に
時間をみつけてお話相手になりたいと思います。


  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:00R.Y

2016年12月06日

1人かけても・・・

先日お式させて頂いたお客様
6人兄弟で、女性がお1人
その、1人の女性がお亡くなりになり
男性御兄弟で送る形になりました。

皆さん大変仲が良く
故人様を思う気持ちが
私にも凄く伝わってきて
最後まで、涙のお式でした。

ご長男様が、九州に一緒に連れて帰ります。
1人かけても、兄弟は兄弟やけど
やっぱり寂しいよ。
と、仰っていたのが
とても印象的でした。

  

Posted by 家族葬のアスタサービス at 11:20A.N

2016年12月04日

クリスマスっていいですね

本日ゲートハウス松江西、ゲートハウス黒田の両店にて
2か月に一度のイベントがありました。

両店とも、定員いっぱいのたくさんの方にお越しいただきました。

今回はクリスマスも近いということで、「クリスマスリース」作りでした。

皆さんなかなか手こずっているご様子でしたが、最後にはとっても
素敵なリースが出来上がり、喜んでくださいました。

いつものお式とは違う、にぎやかな雰囲気でのイベント
これからもたくさんの楽しいイベントを企画して
皆様に楽しんでいただけるようにしていきますね。
  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 20:56H.T

2016年12月03日

家族の集まるところ

この前ふと思ったのですが、よく考えると家族や親戚がみんな集まるのって、結婚式やお葬式のときくらいですよね。
お盆やお正月も、毎年必ず実家に帰省するという人は減ってきているのではないでしょうか。
やはり、仕事や学校など、たとえ家族でも個々人の用事を優先するのはある意味仕方ないのかもしれませんね。
そんな中で、例外的に家族親戚で集まることができるのが冠婚葬祭。特に、お葬式なのではないでしょうか。

「ひさしぶり」「遠いところからわざわざありがとう」「最近どうしてる?」

本当によく聞く言葉です。実の親子であっても、こう言った会話があります。
そう思うと少しさみしいですね。
お互い元気なうちは、少々のことがあっても、心配はかけたくないからと連絡を取り合わないのでしょう。
それに、心のどこかで「いつでも電話くらいできる」と思って、「いつかいなくなる」ことを意識しないのかもしれません。私自身もそうです。
でも、そういう時代だからこそ、"家族"葬の人気が高まってきているのかもしれません。

ゲートハウスは家族のあつまるところです。天国に向かうまでの少しの間、皆様がどこからでも帰ってくることのできる最期のお家です。
是非とも最期のひとときは、この場所で、家族皆様漏れることなく、去り行く大切な人に「いってらっしゃい」を言ってあげてください。
  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 06:07Y.Y

2016年12月01日

御担当

数ある葬儀式場の中でゲートハウスを
お選び頂き、数名いるスタッフの中から
自分に担当を任せて頂き、

葬儀後に「〇〇さんで良かったよ」
「私の時もよろしくね」

と言って頂けると、
これ以上ないくらい嬉しいですし
誇らしい気持ちになります。

辛い時にもそういった言葉を思い出し、
パワーに変えていこうと思います。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 20:00K.T

2016年11月30日

葬儀が終わってからも・・・

葬儀が終わってからも施主様から
いろいろなお電話をいただきます。

亡くなったことを聞きつけお参りに来てくれた。
また、その方からお供えをいただいた。
お花をいただいた方にも(供花)お返しはいるの?

等々・・・

直接、携帯にお電話をいただいたり、
フリーダイヤルにお電話をくださっても私の
名前を言っていただいた方は、何かあれば
私にと思っていただいたことに嬉しく思いますが

担当者の名前はわかりますか?と尋ねて

「あ~覚えてないです」

とおっしゃった方が、私の担当した施主様だと
わかった時には、あまり信頼されていなかったのかな
と落ち込みます・・・

ご縁があってお手伝いをさせていただいた施主様には
名前を覚えていただけるような存在になりたいと思う
今日この頃です。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:54R.Y

2016年11月29日

私は幸せでした

故人様と最後のお別れの時
その方は、
沢山の人に囲まれ
沢山のお花にも囲まれ
愛する人達に見送られ
ご出棺のとき
故人様の奥様
「私は幸せでした。」
そう、最後にお言葉をかけられ
きっと、素敵なご夫婦だったんでしょう
最高のお見送りだった気がします。
とても、素敵なお式でした。
  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:19A.N

2016年11月28日

イベント!

前回のブログで12月4日のクリスマスリースのイベントについて書かせてもらいました。

その12月4日のイベントですが、たくさんの方にご参加頂けそうで嬉しく思うとともに、
参加人数の都合上キャンセル待ちとなっている方もいらっしゃるので非常に申し訳ないです。

また予約の電話が繋がりにくい状況にもなってしまい申し訳ありませんでした。


他の方も書かれてましが
ゲートハウスでは太田店1周年 松江西店5周年記念として12月から入会キャンペーンを実施していま
す。

通常の半分の5000円で入会できるだけでなく抽選でのプレゼントやご紹介頂いた方にもプレゼントがございますのでご参加下さいませ。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:30Comments(0)Y.N

2016年11月27日

いつも一緒に

大切な方を亡くされ、そのお骨の一部をほんの少しだけペンダントの中に入れる
『カロートペンダント』というのがあります。

先日もお客様が、
大切なお身内の方をいつも傍におきたいという事で、ご購入いただきました。

ご旅行、お買い物、また日々の生活、それぞれの場面でいつも一緒に
いらっしゃるとの事でとても喜んでいただいております。

良ければ皆様もこういう商品もあるという事を覚えておいていただければと思います。

『大切な方と常に一緒に…』

という感覚を、皆様もぜひいかがですか?
  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 18:00H.T

2016年11月27日

おもかげ

先日お手伝いさせていただいたばかりのお式でのこと。
喪主様ご家族は県外にお住まいで、しばらく故人様には会えていませんでした。
家族が最期に立ち会うことも叶わず、故人様は一人、和歌山の自宅で息を引き取ったのだそう。
その事が心残りでならないと娘である喪主様がおっしゃっていました。
お孫様も、納棺からずっと涙を浮かべて、おばあ様の姿を目に焼き付けている様子でした。
ラストメイクはお孫様が自らされたのだと言います。大好きなおばあ様のために綺麗な紫色の着物を選ばれたのもお孫様。旅支度が整った故人様は、少し微笑んでいるような、やさしいお顔をされていました。

私は納棺の際に初めて喪主様ご家族にお会いしましたが、びっくり。
故人様とお孫様がとてもよく似てらっしゃって、喪主様以上にそっくりでした。
たとえ亡くなっても、こんな風におもかげは後の後まで残っていくんだなぁと感じました。
故人様は生前中、にぎやかな方だったそうです。ご親族集まってお話が盛り上がり、笑い声が聞こえてくると、ここにもまた故人様のおもかげを感じます。


ご本人たちは気付いてらっしゃらないかもしれませんが、こういうのってちょっと素敵ですよね。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 16:06Y.Y

2016年11月24日

キャンペーン

12月から入会キャンペーン&紹介キャンペーンが始まります。
ゲートハウス松江は5周年、ゲートハウス太田は1周年。この機会に沢山の方に認知していただければ幸いです。
スタッフ一同心よりお待ちしております。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 22:09N.Y

2016年11月24日

入会キャンペーン

12月1日より

ゲートハウス松江西 5周年
ゲートハウス宮街道太田 1周年

を記念して、入会キャンペーンを
行います*\(^o^)/*

よく通るんやけど入りづらくて・・・

葬式場に入る勇気がなかった・・・

と後から仰られる方も
多数いらっしゃいますm(__)m

そんな皆様も、またとない
この機会に是非ご入会を!

入会金半額だけでなく
他に商品等もありますので是非お楽しみに㊙️




  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 22:00K.T

2016年11月24日

ゲートハウス入会キャンペーン

お陰様でゲートハウス松江西は5周年、ゲートハウス宮街道太田は1周年を迎える事ができました。

感謝の気持ちを込めて12月に入会金半額キャンペーンを行います!

会員様には特典がいっぱい!

是非この機会にご入会下さい!


  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 08:16K.F

2016年11月24日

最後まで

以前お手伝いさせて頂いたお客様
早いもので、もう満中陰
親族様も少なく
喪主をされた奥様も一人暮らし
良かったら、お参り来てくれる?
と、言って頂き
お参りに行かせて頂きます。
お式が終わったても
お声を掛けて頂ければ
直ぐにかけつけます。
最後まで、お付き合いさせて
頂ける事を大変嬉しく思います。
  

Posted by 家族葬のアスタサービス at 07:57A.N

2016年11月23日

風邪・・・

先日からくしゃみが止まらず、朝起きれば・・・
喉が痛い。。。

社会人になってから体調管理も社会人としての基本と
言っているのに、なぜか時々風邪をひいてしまいます・・・

原因は何なのでしょう・・・

でも風邪とは絶対認めたくない!!!

市販の風邪薬を飲み、風邪ではないと言い聞かせ
気合で乗り切ります。

これからインフルエンザが流行る季節です。

ウィルスはきっとどこからかやってくるのでしょう。

予防接種も最近は当たり前ですよね。

皆様も体調には十分気をつけて
風邪をひかないようにしてくださいね。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:20R.Y

2016年11月21日

クリスマスリース

12月4日(日)にゲートハウスの黒田と松江西にてクリスマスリース作りを行います。

忙しい時期で予定も入りやすい時期になりますが、

今年は手作りのクリスマスリースを作って頂いてお家に飾って頂くのは如何でしょうか?

自分はリースを作った事がないので皆様にかわいく作れるように知恵をお借りしたいですし、またアドバイス出来るところはお手伝いさせてもらいます。


皆様と一緒に協力しながらリース作りが出来るのを楽しみにしております!

  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:00Comments(0)Y.N

2016年11月20日

私にできること

先日、1年少し前にお式をさせていただいたお客様のところに伺いました。

そのお客様、たった一人のお身内のご兄弟を亡くされ
お式の時から気になっていた方でした。

これまでも何度かお伺いしたのですが、なかなかタイミングが合わず
会うことができませんでした。
久しぶりに先日お会いすることができました。

生まれてからずっと一緒だったご兄弟様を亡くされたということで
私の顔を見るなり涙ぐんでいらっしゃいました。
聞けば毎日思い出して、お遺影写真にむかってお話をされ涙ぐんでいるとのこと。

ゲートハウスでのお式を大変喜んでいただいて感動していただいている反面
その分ゲートハウスの近くを通るたびに思い出して涙が出てくとのことでした。

私たちには、お顔を見に伺いお話を聞くくらいしかできません。
でもお話し相手になることで少しでも、ほんの少しでもお気持ちが落ち着くのであれば
…という思いでいっぱいです。

お悲しみを完全にとることは私にはできませんが、今自分がお客様にできることを
精一杯やっていこうと思います。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 18:00H.T

2016年11月19日

それぞれの供養

お葬式が終わって四十九日が済んだら、お骨をお墓に納めて、仏壇に手を合わせて。お盆やお彼岸命日、たまにお墓の掃除をしに行ったり。
みなさん供養というと、漠然とこういうイメージを思い描くのではないでしょうか。
しかし、核家族化が進む昨今。
「家族3、4人が住むためのマンションに昔ながらの大きな仏壇なんて置けない」
「一軒家だけど、洋風の作りにしたので、仏間がない」
こんなお悩みを持っている方がたくさんいらっしゃいます。

ですが、供養の形は様々です。
たとえば私の叔母の例ですが、亡くなった叔父が学校の教師をしておりたいへんな読書家だったため、本棚をそのまま仏壇がわりにしています。叔父の生家と代々の墓は佐渡島にあり、京都に住む家族が御参りにいくのは大変。壁一面の本棚の真ん中を空けて、そこにお骨と遺影と簡単な仏具を置いています。
確かにスタンダードな方法ではありませんが、全員が納得してこれが一番故人らしいと考えたそうです。
うちでお手伝いさせていただいた方にも、こういったお祀りのし方を選ばれる方が少なからずいらっしゃいます。

また、こういう方のために家具の上に置けるインテリアのような仏壇も取り扱っています。
可愛らしい置物のような仏具もたくさんあります。
もっと簡単な手元供養品や、お骨を少し入れて肌身離さずつけていられるペンダントもあります。

どんな形でもかまいません。みなさんのお気持ちを大切にそれぞれの供養の形を探してください。
こんなのいいの?と思ったらゲートハウスにお電話をしてみてください。きっとお力になりますので、一緒に一番いい方法を探しましょうね。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 23:35Y.Y

2016年11月17日

最期の姿

告別式は、故人様のお姿を
見られる最期の機会になります。

最期のお顔は、家族様にとっても
印象に残ると思います。

髪を整えたり、衣服を整えたり・・・
小さな事ですが、とても大切な事です。

「眠ってるみたいや」
と言う声を聴くと私は安心します。

これからも、安らかなお顔、姿で
お見送りして頂ける様、

精一杯の事をしていきたいと思います。  


Posted by 家族葬のアスタサービス at 22:30K.T