2018年02月19日

癒されて

昨日、和歌山県広川町にある「ほたるの湯」という温泉に行ってきました。
この温泉がある地区は蛍の里と言われていて、6月初旬には蛍の乱舞が見られるそうです。

ほたるどころか蚊すらいない2月半ば、
初夏の趣はありませんでしたが、露天風呂からは綺麗な星空が見えました。

蛍は「星垂る」とも書くらしく、それを考えると、ある意味ほたるを見ることができたのかなと思います。

国道から逸れた山奥にある温泉のため、日々の喧噪を忘れるにはもってこいの温泉です。

  


Posted by アスタサービス at 13:00K.U

2018年02月12日

経験

先日、初めてお迎えからご出棺までお葬式のお手伝いをさせて頂きました。
全ての業務をしたわけではありませんでしたが、比較的長い時間をその家族様と過ごさせて頂きました。

お迎えや納棺を行う中で喪主様や親族様が「みんな向こうで待ってるからなぁ」とか「まだ私らは連れてったらあかんで」など、故人様に声をかけていたのが印象的でした。

全部が全部この家族のような関係性ではないので、淡々と式が進むこともあります。
それでも血の繋がった人との、生前付き合いが深かった人との本当のお別れというのは遺された人の心に何かを残していくと思っています。
それを見届けるためにも、お手伝いをするときは一生懸命手伝わなければいけないなと思いました。  


Posted by アスタサービス at 16:36K.U

2018年02月07日

交換日記

今年に入り、母親と交換日記を始めました。
歳を重ねるごとに
母親の勝手きままに、少々辟易しております。
でも、そんな私もいつかは通る道・・・
母親が、日々どんな思いでいるのか
知りたくて、交換日記を提案してみました。
幸い、母は、字を書いたり
本を読んだりするのが好きなので
最初は
「え???」
という感じでしたが
「手紙って照れくさいから、交換日記しようか」
そう言って一か月が過ぎました。
私が何故交換日記を提案したかというと
母の思いを知りたいのと
私達子供の思いも知ってほしかったからです。
口で言うと、お互い感情的にもなるので
交換日記で、日々の生活
日々の思いを知ることができたらなと・・・
初めて一か月
早速そんな事思ってたの???
の、連続ですが、
母が、ペンを持てる間は続けていこうと思います。
やっぱり、母が好きだから・・・  

Posted by アスタサービス at 18:00A.N

2018年02月05日

良い意味で

12月末に「仏壇のイニシエ&あしたの窓口」が本町にオープンしてから、そこで待機していることが多いです。
オープンからまだ2ヶ月も経っていませんが、色々なお客様が訪れてくれました。

「ト、トイレを貸して下さい!」と息を切らした観光客の方。
「世界のスーパーエリート達と付き合いがある」と豪語するおじいちゃん。

もちろん、仏壇を見に来られる方や葬儀相談に来られる方もいます。

仏壇屋だから仏壇の欲しい人だけ、終活の相談所だから終活の相談をしたい人だけ、
そういう閉鎖的な雰囲気は出てないんだな、と前向きに捉えていきます。

雑貨屋さんほど気楽にはお店に入れないかもしれませんが、御用の際には一度足をお運び下さい。  


Posted by アスタサービス at 19:38K.U

2018年02月04日

イベント

本日はゲートハウスのイベントに来て頂いてありがとうございました。
皆さんのおかげで無事にイベントを終えられました。
自分は松江西のイベントでハーバリウムのお手伝いです。
みなさんでどの組み合わせにするか悩みながら作られていました。お花を紐で束ねる際には皆さん苦戦されていましたが、いい作品がたくさん出来ました!
また4月もイベント来て下さい!

  


Posted by アスタサービス at 20:55Comments(0)Y.N

2018年02月02日

葬儀後のお手伝い

本日、注文をいただいていたお位牌を納品に伺ってきました。
そのお客様は、お葬式は他社でされたそうですが、本町の仏具サロンに位牌だけ購入に来られました。
和歌山に住みだしてから初めての葬儀ということで、どこにお願いすればいいのか全く分からないまま
うちのサロンに来られたそうです。
葬儀をしたところで全て終わればお客様のご負担も軽減されますので、お手伝い出来る事はさせていただきたく思います。  


Posted by アスタサービス at 23:32N.Y

2018年02月01日

お客様

我々の仕事は、様々なお客様に出会います。
すごい悲しみの中出会って次の日はお式、2日で大切な方とお別れになります。
我々はその二日間、大切な方との最後のお時間をお手伝いするわけです。どのお客様にたいしても
全力で対応して、満足していただかないといけません。
どんなお客様にも最後には完ぺきとはいかないかもしれませんが、100パーセント近い満足をしていただけるようにしていきたい。  

Posted by アスタサービス at 18:02N.K

2018年01月30日

1月31日に

スーパー・ブルー・ブラッドムーンが起こると聞きました。

今年の思い出の1つになればいいですが、明日は曇りみたいです……。
色々な出来事がある時に写真などを撮って残しておく事で、その時の事を振り返るのにいいのではと思います。



  


Posted by アスタサービス at 11:09Y.N

2018年01月29日

ゲートハウス レジデンス本町

3日前の26日から『ゲートハウス レジデンス本町』がオープンいたしました。
オープンに際して26~28日の3日間、オープニングイベントを開催させて頂きました。
僕は普段お客様と接する機会が少ないので、たくさんの方の葬儀相談をさせて頂きとても新鮮でした。

来場された方々からは
「良い意味で葬儀場には見えんかった」
「前に大きなとこでしたけど、あんまりくつろげんかったわ」
などの声を頂きました。
式場の席数も一般的な葬儀場に比べると少ないですし、建物自体こじんまりしていますが、
その分お客様にとってはくつろぎやすく「私たちの貸切空間だ!」と思って頂きやすいはずです。
会館の造りや置いている家具なども親しみやすいものにしているので、きっと落ち着いた、親しみのあるお別れができると思います。

イベントは終わりましたが式場見学や葬儀相談は毎日受け付けていますので、ぜひいらして下さい。

葬儀場に行ってみる、という決断は勇気がいることかと思いますが「来て良かった」と言ってもらえるように頑張ります!  


Posted by アスタサービス at 19:23K.U

2018年01月29日

ありがとうございました(#^.^#)

本町オープンおかげさまで
沢山の方にご来場頂き
大盛況に終わることができました。

地域の方に支えられ
地域の方に密着し
これからも、ゲートハウス
スタッフ一丸となって
頑張ってまいりますので
これからも、宜しくお願いいたします。

ほんとうに、ありがとうございました(#^.^#)  

Posted by アスタサービス at 11:34A.N

2018年01月26日

オープン

本日より和歌山では5店舗目になるゲートハウスレジデンス本町がオープンいたしました。
初日から沢山の方が来てくださいました。
オープニングイベントは残り2日です。入会金実質0円もこの二日間のみとなりました。
より沢山の方に来ていただき、ゲートハウスの良さを知っていただければ幸いです。  


Posted by アスタサービス at 23:24N.Y

2018年01月25日

ヘルパーさん

先日、ヘルパーさんから

「利用者さんが亡くなって・・・」

と葬儀のご依頼を頂きました。

御式の準備をしていると、
ヘルパーさんから電話がありました。

○○さん、なくなる前に酢豚と箱寿司食べたいって言ってたよ

とのことでした。

故人様とのお付き合いは10年ほどになるそうで、
色々な事を教えていただきました。

折り紙で作ったきれいな箱があるから、
それをお柩に入れてあげて欲しい・・・  等々

葬儀の際にはバタバタとしますし、なかなか頭が回らないものです。

「あの時あんな事してあげたらよかった」

とならないように、
いろんな所にアンテナをたて、精一杯お手伝いさせていただこうと感じました。

  


Posted by アスタサービス at 20:00K.T

2018年01月25日

予防

こんにちは。まだまだ寒い日が続いていますね。
皆様体調いかがですか?年末年始の疲れは大丈夫でしょうか。
私はといいますと、ここ1週間ほど風邪ですこし体調を崩してしまい、少し長引いています。
長引くと、治すのも大変ですし、自分自身もしんどいですね。
皆様もそうならないように、無理をせず、暖かくして日々お過ごしください。  


Posted by アスタサービス at 13:35N.K

2018年01月24日

関東地方が雪で大変なことになっていますね。

和歌山で生まれ育っているわたしは、雪が積もっている景色を見たことも数えるほどしかありません。
羨ましいと思う反面、寒さは苦手なのでああならなくてよかったなと思っています。

雪が降らずにただただ寒い日だけが続きますが、日も長くなってきているのも感じますし、春が来るのを待ちながら、皆さん体調には気をつけてお過ごしください。  


Posted by アスタサービス at 23:36N.A

2018年01月22日

デスカフェ

今週の土曜日、休みを利用して京都で開催された「街づくり推進事業の交流会」に行ってきました。
この交流会は同志社大学のとある講義室で開催され、
「芸術」「福祉」「子育て」などのテーマごとに交流するというものでした。
参加した目的はデスカフェを体験するためです。

デスカフェとは、スイス発祥のイベントでコンセプトは「死について気軽に話し合う」というものです。
紅茶片手に、笑顔を見せながら、普段人前で話すと引かれるような話が堂々とできる場所です。
(「死は希望!!」と急に叫んだおじさんを見たときは引いてしまいましたが。。。)

仕事柄、死について考えることがたびたびありますが、それを人と共有することはほとんどありませんでした。

今回このデスカフェの中で、ペアになってお互いの弔辞を読みあう「弔辞ワーク」というものを初めて経験しました。
これは10分間インタビューを行って、テンプレートにその人らしさを表すエピソードを挟んで最後に発表するというものでした。
弔辞を読むのも、ましてや読まれるのも初めてだったので新鮮でした。
自分でもよく分からないのですが、僕に対する弔辞を読まれている最中、少し泣きそうになりました。

一般的に、死ぬことを考えるのはあまり受け入れられていませんが、一度考えると、そしてそれを誰かと共有すると、
今こうしていられることに感謝したくなります。

機会があれば、一度参加されてみてはどうでしょう!?



  


Posted by アスタサービス at 19:30K.U

2018年01月21日

好きなお花で

故人様が生前に好きだったお花が桜でした。
桜の柄が入ったお位牌に写真の背景も桜です。
戒名も桜の一文字が使われていました。
なら、法要のお花も桜がいいかなと思い用意させて頂きました。
ちょうど四十九日の日にお花が咲くようです。
ご住職様も遠い中、淡路島からお疲れ様でした。

  


Posted by アスタサービス at 10:00Comments(1)Y.N

2018年01月20日

たった一人の・・・

先日お手伝いさせて頂いたお客様
奥様の介護を10年間され最後はご自宅で看取り
お子様もいらっしゃらないので
せめて、甥っ子姪っ子は来てくれると信じ
亡くなった事を連絡するも
誰一人来てくれる人はいませんでした。
ずっと涙ながらに
「あれだけ可愛がってきたのに・・・
せめて、お線香の一本あげてやって欲しかった。」
担当させて頂いた私は、
告別式の日はお休みだったんですが
どうしても最後まで担当させて頂きたかったので
告別式の日も一緒にお見送りさせて頂きました。
「ありがとう、一人きりじゃなっかった。」
そう言いながら又涙を流され
斎場へ向かう霊柩車の中では
奥様との沢山の思い出を語ってくれました。
「たった一人じゃないですよ。私がいます。」
と、言うと
「本間やなあ、ありがとう。」
と喜んで頂き、これからも
時間を作り、お宅訪問しようと思っています。

  

Posted by アスタサービス at 22:00A.N

2018年01月17日

打ち合わせ

大切な方を亡くされ、数時間後には我々はお迎えに伺わせていただき、打ち合わせに入ります。
本当に辛いと思います。色んな形はありますが、ついさっきまで息をしていた人のお葬式の打ち合わせをしているのですから。。受け入れたくない現実を突きつけられている感じがします。冷静なはずがありません。そんなお客様の状況を理解した上で我々は接する必要があります。ただ単に日程、プランと決めるのではなく、少しでもお客様の気持ちに寄り添わなくてはなりません。
そういった心を忘れず、どんなお客様にも接していきたいです。
  


Posted by アスタサービス at 21:34N.K

2018年01月16日

ゴールド免許

去年、両親が2人して油断したからか高速道路でスピード違反で捕まり、ずっとゴールドだった免許が次の更新で青になってしまうそうです。

わたしはまだ免許を取って1年と少しですが、ビビリで慎重すぎる性格からか、スピードも出さずそれこそバカ真面目と言われるくらいの運転をしているなと自分でも思います。

走っていて、飛び出したりスピードを出したり、危ない運転をする車を見かけますが、それに対してイラついていいのは、ルールを守っている人だけだと思っています。もちろん車の運転に限ったことではないですが、批判していいのは、その人がきっちりルールとマナーを守っていることが前提だと思っています。
わたしは両親に急いでいようが自業自得だと何度も言っていますが、ルールがあるのは危険だからであり、全員守っていれば事故は起こらないのに、といつも考えています。

車の事故で人が亡くなるニュースをよく見かけます。そのニュースを見てかわいそう、運転手が悪いと思ってる人は、自分がその加害者と同じにならないと胸を張って言えますか?わたしは胸は張らなくても、事故を起こさない自信はあります。毎日わたしは事故を起こさないと念じながら運転しています。
便利な乗り物でも、少しでも間違えば凶器であるという感覚を忘れずに、ゴールド免許目指して明日も安全運転に努めたいと思います。  

Posted by アスタサービス at 23:18N.A

2018年01月15日

温泉へ

ここ2ヶ月ほど毎週のように温泉に行っています。それこそ取り憑かれたように。



僕は市内のアパートで一人暮らしをしているのですが、
家のお風呂がユニットバスなんです。
そのためお湯を張るのが面倒くさく、毎回シャワーで済ましています。
(これはこれで何の不自由もなく過ごしていますが)

そんな日々を過ごしている中で、
ある日友達から「温泉に行こう」という連絡が来ました。
二つ返事で有田川町の温泉に向かうことになりました。

「明恵峡温泉」
読み方がイマイチ分からない温泉でしたが、露天風呂は庭園のような造りになっていて
遠くの山々を見渡すことができるこの温泉に感動してしまいました。


露天風呂を見渡していると
「あったかーい」と声を漏らす子どもがいたり、それを微笑ましくみているおじいちゃんがいたりして
年齢に関わらず、温泉は皆が安らげる場所なんだなぁと思いました。

これ以降は僕が無理やり友達を引き連れまわして色々な所へ行っています。

来週はどこへ行きましょう。
  


Posted by アスタサービス at 20:16K.U