2017年10月20日

葬儀とは

先日、ある芸能人の記事を読みました。
その方は10年ほど前に小学生の娘様を事故で亡くされました。
その記事には、こう書かれておりました。
「娘を亡くし、頭が真っ白で、葬儀の事など何も考えられない私達を助けてくれたのは、葬儀社の方でした。その葬儀社の方は、まず娘の事を知るところから始めてくれました。娘の好みを共感しているうちに、祭壇の色、花などが決まっていきました。
あれは本当に助かりました。」

故人様の事を知らずに、いいお式は出来ないと感じました。  


Posted by アスタサービス at 21:19N.Y

2017年10月19日

向上心

最近、プライベートで
葬祭業とは直接関係のない営業マンの方と打ち合わせをする機会があります。

不動産関係であったり、生命保険関係であったり・・・

仕事内容は違いますが、同じサービス業です。

お互いの都合のいい日にアポイントをとったり、
知りたいと思っている事を纏めておいてくれたり・・・

いつも、私が聞きたいと思っていることに対して、
先手先手でその悩みを解決してくれたりします。

単純に「あぁ、この人はやり手だなぁ」
と最初は思っていました。

しかし私も同じサービス業に携わる人間です。
自分もあの時の営業マンのように、
痒いところに手が届くような、接客、対応ができたら・・・と感じました。

葬儀の経験、知識だけでなく、日々の生活のいろんなところに
自身を成長させる様々なヒントがあるんだなと実感しました。
  


Posted by アスタサービス at 21:00K.T

2017年10月18日

気遣い

先日、仕事を一緒にしている人のお母様のご葬儀を
お手伝いしました。
同じ会社ではないのですが、私が新入社員のときから
いろいろ助けていただき、大先輩です。

今も時々、一緒にお仕事をします。

その方が喪主様だったのですが
私たちの仕事がわかるだけに
『昼ごはん食べたか?ちょっとでも
時間を作って、ちゃちゃと食べなあかんで』
と言って、隣のローソンでお弁当を買ってきてくれたり

お花屋さんが祭壇を飾っていたら、運ぶのを手伝ったり・・・
同じ仕事をしているだけに、段取りがわかるんですね

喪主様なのだから、お母様のそばにいててあげてよ~って
言っても何かと動いてくれます

性分なのでしょうね。
もしくは動いているほうが気が楽なのでしょうか・・・

それにしてもこんな時にでも周りに気を遣っている
先輩をみて、改めて尊敬しました  


Posted by アスタサービス at 21:00R.Y

2017年10月17日

今年も後少し

早いもので、もう10月半ばを過ぎました。
今年の初め
今年は、飛躍の年と言った事を思い出しました。

このお仕事を初め
最初の一年、本当に辛くて、毎日辞める事ばかりを
考えていました。
ただ、負けず嫌いの私は
根性だけで、踏ん張っていた気がします。

そんな私にも、「貴女で良かった」と言ってくださる
お客様も増えました。
が・・・・
今でも、泣きたい事、悔しい事、情けない事・・・・
正直沢山あります。
それでも、頑張っているのも
やはり負けず嫌い?
それもあります。
が・・・
若い子達も沢山入り、こんな私でも
頼りにして慕ってくれる後輩がいると
オバちゃんも頑張ってるんやから(笑)
と、言って励ます存在になってきたと
自覚したからかもしれません。
社会に出て、厳しい事沢山あるけど
ちょっと踏ん張ってみたら?
と、言いたいな~
今年も残りわずか、
一緒に皆でがんばりましょう!!!
  

Posted by アスタサービス at 20:30A.N

2017年10月16日

同期

最近同期とご飯によく行きます。
話すことはやはり仕事の話が多いです。
同期から楽しいことや大変なことを聞くと、皆それぞれ悩みながらも頑張っているんだなと感じます。
同期が頑張っているのを見ると、私も負けてられないなと強く思います。
仲間でありライバルでもあるので、今後も刺激しあい皆でレベルアップしたいと思います!  

Posted by アスタサービス at 23:33S.K

2017年10月16日

まもなく


最近、外を走る人をよく見かけませんか?
和歌山市でのジャズマラソンの時期が近づいてきたので練習している方も増えて来ました。

かく言う自分も11月12日にジャズマラソンがあるので出場しようと思い、休みの日に練習しています。

21キロ走るのですが、長距離を走るのが初めての経験で走れるかどうかもまだ分かりませんが、せっかく出場するのだから完走を目指して頑張ります。

今のままでは走り切るのは難しいので練習を重ねます。





  


Posted by アスタサービス at 14:26Comments(0)Y.N

2017年10月15日

京都

先日のお休みに、日帰りで京都へ行ってきました。
小学校の修学旅行以来に清水寺や祇園へ\(^^)/

あいにく天気は雨でしたが修学旅行生や外国人、着物を着た人などたくさんの人でとても賑わっていました。
観光している中で私は、どのお店のスタッフも言葉遣いや所作が上品だと感じました。
接客されていてとても気持ちがよかったです。
どこに行っても和歌山とはまた違った雰囲気で、色々と刺激になりました。

また機会があれば違う県にも足を運び、その土地の特色に触れてみたいと思いました。


  


Posted by アスタサービス at 10:30M.H

2017年10月13日

《語彙力》がないまま社会人になってしまった人へ‬

‪‪という題名の本を読みました。‬
‪自分には語彙力があまりないように感じ、少しでも増やしたい!との気持ちで手ったのですが、案外容易に語彙力が自然に高まる方法が記載されたので紹介します。‬

‪例えば「映画」です。‬
‪洋画には日本語字幕がついてきます。耳と目の両方を使って「視聴」することは、語彙を増やしてくれることに繋がるそうです。‬

‪そして「新聞」を読むのが効果的だそうです。普段から新聞を読まない人でも今では携帯でも読むことができます。
などなど、‪その他にも多々紹介されています。‬

‪そしてこの本には言葉の成り立ちや歴史が書かれており、様々な難しい言葉があり、読みやすく為になるので気になる方は手に取って読んでみてください~。‬



‪P.S
伝え方や説明が分かりやすい、理解力が高い、人を動かす人の語彙が紹介されてました。‬
‪・継承(けいしょう)‬
‪・概ね(おおむね)‬
‪・的を射る(まとをいる)‬
‪・尽力(じんりょく)‬
‪・汎用(はんよう)‬
‪・コモディティ‬
‪・機知に富む(きちにとむ)‬

‪みなさん、意味や読み方、分かりましたか?‬  

Posted by アスタサービス at 01:56A.U

2017年10月11日

コミュニケーションとは

コミュニケーション能力という言葉はよく耳にしますよね。世間ではよく話せる人、誰とでも話せる人が「コミュニケーション能力がある」と捉える人が多いと感じます。私も昔はそう感じていました。しかし今は違います。
2通りの考えがあるとおもいますが、、私は人の話を聞く能力のほうが重要だと考えます。それは誰に対してもそうです。いくら話すことが得意であっても、聞くことが苦手で自分の話ばかりだとそれは一方通行であり、コミュニケーションは成り立ちません。
人の話に耳を傾け、聞いてあげることで、相手の考えや、悩み、その人自身を知ることができます。そうすることで、人との信頼関係も生まれるのではないでしょうか。
これは私が大切にしていることであり、これからも大切にしていきたいことです。
  


Posted by アスタサービス at 16:55N.K

2017年10月10日

内定式がありました

10月2日、来年度の新入社員の内定式がありました。
来年後輩になる3人に初めて会い、私たちもああだったのかなと1年前のことを思い出しました。
もうあれから1年経ったのかと、時間の速さを実感します。

そこで、新入社員代表で挨拶をさせていただきました。
私はこの前から自分が経験したこと、自分がこの仕事に携わる方々にしていただいたことを、来年入ってきてくれる後輩達にもできるようになってほしい、先輩達の背中を見てお客様にお礼を言ってもらえるディレクターになってもらいたい。
私は現場には出ないので、みんなが外に出て仕事をするためのサポートを、今よりももっとできるように成長して待ってるので、安心して入社してきてくださいとお話しさせていただきました。

私もまだ1年目。まだまだ未熟なばかりですが、後輩ができる重みを感じつつ、しっかりと成長できるように身を引き締めて仕事していきたいと思います。  


Posted by アスタサービス at 20:18N.A

2017年10月09日

これから

できることが増えた、でもできないことがまだまだある。
入社半年になる数日前、そんなことを思っていました。
同期で入った新入社員は全員他の部署で、一歩離れた位置から見ているととてもたくましく感じます。
それに比べて僕は、、、なんてネガティブなことはあまり考えていませんが焦りは少し感じています。

身の丈を知らされる日々の中で、やらなければいけないことは分かっているつもりです。
でも、「まあいっか」と勉強しないことが多々あります。

半年でできることは増えましたが、「もっと頑張れるんじゃないか?」と強く思います。
新入社員も入ってきますし、ウダウダしている場合じゃありません。

これからの半年は自分の弱い部分を認め、それを乗り越えていく半年にしていきます。

  


Posted by アスタサービス at 20:27K.U

2017年10月05日

家族葬

「家族葬で」

こうおっしゃられる方が多い様に感じます。

ある方は、ゲートハウスの真近くにお住まいでした。

名前の出した看板を出すと、近所に知られるから・・・
と、看板や施主様の自転車を見えないように奥へ隠しました。

御式は故人様の
「誰にも声をかけずに、家族で見送ってくれ」
という遺志のままに執り行いました。

しかし、後々お家にたくさんの方が故人様を偲びに訪れたそうです。

家族だけで見送るのも家族葬。
親族を呼んで見送るのも家族葬。
親しかった友人様に声をかけ、お参りしていただくのも家族葬。

「家族葬」に決まりはありません。

これからもご遺族の声に耳を傾け、
一番良い形でお葬式のお手伝いをさせて頂ければと思います。  


Posted by アスタサービス at 21:00K.T

2017年10月04日

葬儀の仕事

葬儀の仕事は尊い仕事だと思います。

よくお客様にも大変な仕事やね
とか若いのに頑張ってるねとか
言われます。(私は若くないですが)

でも安易な気持ちではできません
年中無休だし、24時間対応するし・・・

私は楽な仕事なんて一つもないと思っています

だからこそ、やりがいのある仕事を頑張りたいと思うのです

とは言いながら、若い時は、新しい服が欲しかったり、
旅行に行きたかったり、やりがいなんてやっぱり考えてなかったような

ただ責任感だけはありました
仕事はしんどい。当たり前です。

でも今、一緒に仕事をしているスタッフには
それ以上の何かを見つけてほしいです。
  


Posted by アスタサービス at 23:55R.Y

2017年10月03日

早いもので・・・

去年お式を担当させて頂いたお客様。
先週一周忌
その方は、ご主人を亡くされ一人暮らし。
ことあるごとに、連絡頂き
色んなお手伝いをさせて頂きました。
出会いから一年
「早いなあ~」
と、思わず二人で口にした言葉です。
全ての法要に手を合わさせて頂きました。
いつも、「ありがとう。」
と、言ってくださいます。
きっと、一人で沢山の不安を抱えていると思います。
少しでも、不安を取り除けたらと・・・
一周忌が終わっても
私の大切なお客様です。
これからも、変わらずお付き合いしていくつもりです。
  

Posted by アスタサービス at 23:00A.N

2017年10月02日

身寄りがなくても

先日施設での出棺をさせて頂きました。

自分は告別式のみのお手伝いでしたが、施設に入所されているお友達の方がたくさんお参りに来てくれていました。

施設からの出棺で送り出してあげることが出来たのは、施設長、施設のスタッフ、入所されている皆様の力添えがあり実現できた事であり、そのお手伝いが出来た事に感謝しています。

入所されている友人の方など式場にお参りに行くのは難しいのです。

ですが今回のような形でお葬式を執り行う事により身寄りのない方でも温かくお見送りする事が出来ました。

また、今後はこういうお葬式も増えていくのかなと感じました。  


Posted by アスタサービス at 13:47Comments(0)Y.N

2017年09月30日

私らしさ

最近、色々なお式を見ていて思う事があります。
それは、お式はお客様によって様々ですがそのお式につくスタッフによってもお式の形というのは様々です。

私はまだ担当としてのお仕事をこなす事で精一杯ですが、先輩方のように私にも私にしかできないやり方や、私らしさというものがあると思います。

お客様に「ゲートハウスでお式をして良かった」と思っていただくのはもちろん、「〇〇さんが担当でよかった」と思っていただけるようなお式を提供できるようになりたいです。

今後お仕事をする上で「私らしさ」を見つけていけたらいいなと思います。  


Posted by アスタサービス at 22:13M.H

2017年09月30日

担当がないとき

更新遅れました。すいません。

本日私が担当する御式ははありません。
そんなとき何をするかというと、チラシの配布、お花の配達、担当したお客様の訪問などやることはたくさんあります。
普段御式で忙しいときにはなかなかできないので、時間のあるときを見つけて行っています。本日は、お花の配達とチラシの配布を行っています。
お客様と御式だけでの関わりではなく、御式の後にも関わっていければと思っています。
お花を一つ配達するだけでも喜んで頂けるので、今後も御式以外でもお客様の力になれるように頑張りたいと思います!  

Posted by アスタサービス at 13:45S.K

2017年09月28日

喫茶店にて

本日、とある喫茶店へいきました。

帰り際にお会計が済み、テクテク歩いていると後ろから誰かが走ってくる音が…………
「え?!」と心の中で叫んでいると先程のお会計をしてくれた店員さんがいました。
「お客様、本の忘れものです!」と届けてくれたのです。
しかし走った衝撃か伝票やらペンやらポケットに入ってたものが道端に散らかってしまいました。
しかし店員さんから「気をつけて帰ってくださいね!」との気遣いの一声が。
何故か凄く心が暖かくなりました。(1人だったのと夜道が寒かったので余計に…)

夜道を歩きながら、気遣いって大事だなあと改めて実感しました。
先程の私はお客さんとしてだが、セレモニースタッフとしての場合、お客様に気持ちの良いサービスを常に心がけて気遣いを忘れないことを改めて感じることが出来た1日でした。  

Posted by アスタサービス at 22:34A.U

2017年09月28日

提案

1日遅れの更新になってしまい、誠に申し訳ございません。
九月に入り私もとうとうお客様と依頼を頂いてから最後までお式に携わることが多くなりました。
担当者によってそのお式の内容は変わってきます。
「私が担当でよかったよ。ありがとう。」とお客様に言ってもらえるように、そのお客様にあった提案というものをしていきたいと思います。
また、式のプラン以外で何かお客様、故人様に喜んで頂けるようなサプライズを私自身全力で見つけていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。  


Posted by アスタサービス at 10:16N.K

2017年09月26日

仕事の重要さ

先日、何度もこのブログで書かせていただいていた、祖母が亡くなり、弊社で葬儀のお手伝いをしていただきました。

私は現場に出る仕事をしていないので、実際葬儀の場で仕事をしているみんなの姿を初めてこの目で見れました。
親族みんなで、祖母とゆっくりした最後の時間を過ごすことができましたし、集まった親族で祖母の思い出についてもたくさん話すことができました。

自分がこういった経験をさせていただいて、改めてこの仕事の大変さと、重要さを実感しました。
普段は分からない、お客様の立場から仕事について見ることのできる機会でもありました。

お客様にとっては、一生のうちにそんなにたくさんの数を経験するわけではないことであるお葬式をお手伝いさせていただくことに、私は自分の仕事の中でどれだけのことができるのか、改めて自分の仕事について向き合おうと思いました。  

Posted by アスタサービス at 21:06N.A