2015年08月14日

訪問

本日、あるお宅を訪問させて頂きました。
この方は一年半前にご主人を亡くされ、それからは一人で住まれております。初盆は去年でしたが、お盆という事もあり、少し手をあわさせていただこうと思い訪問させていただきました。
『提灯組めましたか?』と訪ねると、『提灯は初盆だけじゃないんですか?』と驚かれておりました。お邪魔してすぐに提灯を組ませて頂きました。組み終わると、奥様はお父様の遺影に『パパ!ごめん。提灯出すの忘れてたわー!』と笑顔で話されておりました。
『お盆でお父様も帰って来られておりますので、きっと近くで笑っておられると思いますよ』と二人で笑いました。
お客様の中には葬儀屋と、葬儀が終わってからも付き合いしたくないと思われてるお客様も沢山居られると思います。ただ、その中でも少なからず、今回のお客様のように、笑顔で話をし、笑いあえるお客様もおります。私にできる事はたかが知れてるかもしれません。それでもお客様が日常を取り戻し、いつか笑う事ができるように、これからも精一杯、手助けをさせていただきたいと思います。



同じカテゴリー(N.Y)の記事
 季節外れのアジサイ (2017-12-01 23:01)
 3人だけでのお別れ (2017-11-17 18:51)
 他人があげるお葬式 (2017-11-03 23:06)
 葬儀とは (2017-10-20 21:19)
 2人だけのお見送り (2017-09-22 22:09)
 いつもと変わらない朝 (2017-09-09 01:47)

Posted by アスタサービス at 19:59 │N.Y